地域子育て支援センター事業では、一時保育・子育て相談・ママ同士の情報交換などもしています - 会津若松市認可 南町保育園

食育・給食

食育・行事

食育とは、子どもたちが自分で自分の健康を守り、
健全で豊かな食生活を送るための能力
(食の自己管理能力)を育てるのであり、
言葉だけでなく、経験を通して学ぶことが大切です。

食育・行事アルバム

syokuiku-bar01

食育は保育の柱

私たちの身体は、私たちの食べたもので出来上がっています。『食べる』ことは心と体を育て健康に生きるために大切なことです。
今、氾濫しているいろいろな食材の中から、どんな食べ物を、どのように組み合わせて、どのくらい食べたらよいかを理解し、いきいきと自分らしく生活や学習できるように、体に良い食べ物を選ぶ力、味わう力、料理する力などを育て、身につけます。
また、食事のうつくしい振る舞いを身につけるため、スプーンの持ち方・箸の持ち方・配膳の仕方を理解しながら進めていきます。
子どもたちの食事は、毎日の食生活の中での体験の積み重ねです。保育園の畑では、ボランティアの方と一緒に野菜作りを行い、「春」は種まき、苗植えや田植え、「夏」は枝豆、トマト、きゅうり、なす、とうもろこし、スイカ、南瓜、じゃが芋、「秋」はさつま芋、小松菜、長ねぎ、大根、白菜などを収穫し、採りたての旬の野菜を食べ、季節も一緒に堪能しています。

syokuiku-img01

食育のねらい

syokuiku_gyouji-3

gyouji

行事 行事には、普段の生活の保育(課業)の積み重ねの上にある行事(プレーデーやお楽しみ会)、伝統的な季節の行事(七夕、十五夜、歳の神など)、また、保護者との連携を深める親子遠足、夏祭りなど様々なものがあります。どの行事も子どもの負担とならない内容を考えています。
乳児は安定した生活、遊びを大切にしているので、基本的に行事の参加は幼児組からとしています。

syokuiku_gyouji-4